大学生になる前の基礎知識

男子生徒

入試方法を把握して選択

ao入試は大学の入学試験では、歴史の新しい方法です。従来は学力のみをテストで判定して、合否決定していました。しかし、ao入試では、受験生の人物像を合否の判断基準に用いています。最近では、文部科学省の方針に合わせて、学力と人物像で合否判定をする大学が多くなっています。そのため国公立大学の中には、ao入試に対応していてもセンター試験を受けることが条件となっている場合もあります。人物像に関しては、面接や小論文、志望動機で、希望している学部への適性が十分なのかをチェックしています。大学によって面接を重要視するか、小論文の内容を重要視するかなどの基準が異なっています。傾向を把握することは欠かせないでしょう。また、入学後の意欲に関するヒアリングも行われるので、ao入試ではないように合わせた対策が求められるでしょう。大学と志望する学部によって求めている人物像も異なります。受験生の適性が、うまくマッチングできる大学を探す必要があります。さらに入学後の意欲を判断するときに、専願なのか併願なのかも確認しています。専願であれば、その大学に入学したい意志が強いと判断するケースが多いので、ao入試で併願する人は少ないと思って構いません。自己推薦以外なら、高校の推薦書を提出することになります。進路を決定するときには、大学名だけでなくao入試を希望することも合わせて相談しておくと安心して受験に望めるようになります。