学校外の対策

勉強道具

指導範囲外が出題

中学受験を考えて入学試験に臨むときに多くの小学生にとってネックになりやすい教科が算数です。中学受験における算数の問題は、学校によって若干異なるものの小学校で学習をする学習範囲を逸脱して出題されることが多いです。そのため、学習塾などに通って勉強をすることが求められます。学校によっては中学校2年生程度の問題まで出題をされることが多いので早い段階から対策をしておかないと遅れてしまうことになります。ただし、いきなり学習塾に通ってもあまり意味がありません。これは中学受験の算数においては学校によって問題の難易度が大きく異なるためです。小中一貫教育を行っているところや難関校に合格者を輩出しているような中学校を狙っている場合には、入学の段階である程度の学力、または先端的な取り組みについていくことができるだけの能力が求められるため算数の出題範囲がとても広くなります。このため、どの学校を受験するのか、そしてその学校の算数の試験問題にはどのような問題が出題されているのかをしっかりと見極めてから塾に通う必要があります。学習塾においても中学受験の特性から一般的にコースを設けているだけでなく特定の学校の入試に向けて特化したコースを設けているところが多くあります。こうしたコースを持っているところでは情報量も多く、指導に当たる講師も専門的な知識を持って指導をしてくれることが多いので安心をして通わせることができます。