勉強道具

学校外の対策

中学受験における算数は小学校の学習範囲を逸脱した問題を出題してくることもあるので塾などに通って高い力を身に付ける必要があります。専門のコースを設けている塾も多く、こうしたところは情報量も多く頼りになります。

私学の教育が受けられます

小学生

多くのメリットがあります

小学校受験をして子どもを小学校から私立に通わせるメリットはたくさんあります。公立の小学校に通わせるのとでは多くの違いが出てくるでしょう。小さいうちからだからこそ、小学校受験をして将来に役立つ学習をさせるようにしましょう。まずは大きなメリットは進学の問題でしょう。小学校受験をすることにより、多くの場合で中学校や高等学校や大学と、内部試験をするだけで進学出来ることが多いです。厳しい受験競争に長い期間苦しむこともなくなることでしょう。一貫教育でそのまま上の学校に進むため、友達の付き合いもそのままで途切れることがないでしょう。一緒勉学をしながら仲の良いままでいることが出来るでしょう。長くて深い付き合いを続けることが可能になります。小学校受験をすることにより、私立小学校で過ごす毎日は独自の特色のなかで個性を伸ばすことが出来るでしょう。公立小学校のように型にはまった教育だけではなく、幅広い教養を身につけることが出来ます。また私立小学校の教師は、公立小学校のような数年ごとの移動がありません。そのため一定のレベルを保って教師から指導してもらうことが出来るでしょう。進学校に進んでいくため、自然と周りの仲間と一緒に勉学に励むことが出来ます。切磋琢磨しながら学ぶことにより、将来社会人になっても活躍出来る人材になることが出来るでしょう。勉強習慣が正しく身につきますし、子どもが自分で考える力が身につくでしょう。

男子生徒

大学生になる前の基礎知識

大学入学には新しい方式として、ao入試が導入されています。学業成績も大切ですが、その人の人物像や学習意欲なども理解してから合否の判定をする方式です。学校によっては一定の学力レベルを試験結果で示す必要があるので、あらかじめ確認して対策を取ります。

先生と生徒

就職や進学で必要な勉強

小論文は、文章作成能力や論理的思考をテストするための試験で、入社試験や入学試験でよく出題されます。対策としては、とにかく様々な小論文を書いて書くことに慣れることが重要です。通信添削を利用して評価してもらいましょう。